香ばしくあまじょっぱいタレで味付けた焼肉弁当をお試しあれ

奮起湖大飯店では2017年末から新たなお弁当「家傳軟燒肉便當」の販売を開始しました。

 

焼肉は大正時代に日本を通じて阿里山に伝わり、奮起湖大飯店の林金坤会長の母親が1940年代に阿里山鉄道のそばにあった食堂で焼肉弁当が販売していたそうです。ニンニクの香りたっぷりのタレや醤油ペーストで味付けした独特な味であります。今回奮起湖大飯店では、林家に伝われる由緒ある味を再現します。懐かしさあふれるおいしさが堪能できます。